ミュゼプラチナム梅田

ミュゼプラチナムは、現在ある大手の脱毛サロンの中でいちばん若い世代に人気があるみたいですね。

 

何しろミュゼプラチナムは、創業が2012(平成24)年というぐらい若い脱毛サロンであるにもかかわらず、あっという間にかなりの数の脱毛サロン数を運営できたようですからね。これが、若い世代からの支持を証明するところでありましょう。

 

しかしミュゼプラチナムときたら、北は北海道から南は沖縄まで180以上のサロンを保有しているのですから、心から恐れ入りますよね。

 

ミュゼプラチナムは女性専用脱毛サロンですから、男性の店内出入り禁止に関しては厳しく徹底されているようです。なんせミュゼプラチナムでは、受付にすら男は入れないというのですから。たしかに、施術室の周りを知らない男にウロチョロされたら、落ちついて脱毛施術を受けれないですもんね(;^ω^)

 

ミュゼプラチナムでは、全身脱毛も部分脱毛も手がけているようですが、全身脱毛の場合、だいたい8回から12回ぐらい施術を受けた時点で脱毛効果に満足する女性が多いみたいですね。

 

ミュゼプラチナムの脱毛施術間の来店ペースは最短で1か月に1回。これは、ミュゼプラチナムのプロ脱毛エステティシャンのアドバイスにより、多少前後するようです。しかしミュゼプラチナムでは、1ヶ月の間に2回の脱毛施術はありえないようですね。なぜかというと、お肌への負担が大きいからだそうで。

 

そして、ミュゼプラチナムでの全身脱毛にかかる時間は、1回あたり90分から120分と相場が決まっているようです。だいたい、2時間以内ですよね。そりゃ、あんまり長い時間を脱毛サロン内に拘束されてしまうと、他の用事に支障が出て困りますからね。

 

あと、いったんミュゼプラチナムで脱毛契約を結ぶと、日本全国のミュゼサロンにて脱毛施術が受けられるそうですよ。こうなると、急に出張とか転勤とかを食らっても安心できますよね。

 

 

梅田にあるミュゼの店舗3つ。

ミュゼプラチナム大阪駅前第4ビル店

 

大阪市北区梅田1ー11ー4大阪駅前第4ビル2F

 

阪神電鉄梅田駅の百貨店口をでて、阪神百貨店の入口を正面にみながら右へ進みます。

 

太い柱をみながらまっすぐ進むと、ロータリーみたいになってるところ(通称は円形、写真)にでますから、進んできた方向そのままに突っきってください。

 

そのまままっすぐ進むと、左手に「大阪第4ビル」の地下通用口(写真)があります。

 

これを入って、右手にローソン大阪駅前第4ビル店をみながらまっすぐ進み、左手にプロミス(写真)のある通路を右へまがります。

 

そして、目の前にあるエスカレーターには断じて乗らずに、その左手にある通路(写真)を左に曲がりながら入っていきます。

 

つぎに、左手にオリックスレンタカー大阪駅前店(写真)のある通路を右へ入ると、「中層用エレベーターホール」があります。

 

エレベーターで2Fへあがり、南(写真)へ進みます。

 

オレンジ色の看板(写真)の突きあたりを左へ曲がると、左手に『ミュゼ大阪駅前第4ビル店』があります。

 

≫ミュゼプラチナム大阪駅前第4ビル店 くわしくはコチラ

ページトップに逆もどり

 

ミュゼグラン西梅田店

 

大阪市北区曽根崎新地1-4-10銀泉桜橋ビル5F

 

地下鉄四つ橋線の西梅田駅の南改札をでて、左ななめ方向へ進みます(堂島地下街)。

 

左手にJR北新地駅(写真)をみながら、さらにまっすぐ進むと、

 

右手に三菱東京UFJ銀行堂島支店、左手に新梅田コクミン薬局(写真)があります。

 

この並びにあるC−60という階段(写真)のつきあたりを右へあがっていくと、

 

左手スグが『銀泉桜橋ビル』(写真)となります。1階が三井住友銀行西梅田出張所となっています。

 

奥のエレベーターで5Fにあがると、右手が『ミュゼグラン西梅田店』となります。

 

≫ミュゼプラチナム グラン西梅田店 くわしくはコチラ

ページトップに逆もどり

 

ミュゼグランNU茶屋町店

 

大阪市北区茶屋町10-12 NU茶屋町7F

 

阪急電鉄梅田駅の茶屋町口改札をでて、Uターンするようにエスカレーターを下ります。

 

そのまま阪急三番街(写真)へ入っていくと、

 

2Fにあがっていくエスカレーター(写真)が左手にみえます。

 

このエスカレーターをみながら、公道へ向けてななめ方向に歩いていきます(写真)。

 

公道にでたら、スグ目の前にある横断歩道(写真)をわたります。

 

この正面の建物が、『グランNU茶屋町』(写真)となります。

 

建物に入っていくと、左手の「茶屋町グルメ&カフェ」という看板(写真)を左にまがります。

 

すると、エレベーターホール(写真)になりますので、7Fへあがってください。

 

エレベーターをおりると、正面に「ホットヨガ」という看板(写真)がありますから、それを左に進んでください。

 

ガラス張りを右手にあるくと、つきあたり右手が『ミュゼグランNU茶屋町店』(写真)となります。

 

≫ミュゼプラチナム グランNU茶屋町店 くわしくはコチラ

ページトップに逆もどり

 

ミュゼプラチナムの脱毛の方法は、けっこうオリジナルなんです。

 

スムーズスキンコントロール脱毛(SSC脱毛)は、ミュゼの必殺技なのです。

 

たしかに、よその脱毛サロンと同じく、光脱毛ではあるのですが‥‥。

 

ミュゼプラチナムのスムーズスキンコントロール脱毛は、光脱毛するまえに、冷却効果や抑毛効果のあるジェルを皮膚にぬりたくるのです。

 

そこから数週間したら、フシギなことに、入浴して身体をこすったり、皮膚と衣服がこすれあったりするだけで、成長期真っ盛りだったむだ毛が自動的に抜けていくのですよ。

 

ミュゼプラチナムがサロンでやっている処置というのはつまり、数週間したらむだ毛が自動的に抜けるように、逆算して段取りしておくことなのです。

 

自動的に抜けずに伸びたしつこいムダ毛もたまーにありますが、そんなものはなんの苦痛もなく、スッと自力で抜けますから、心配いりません。

 

ミュゼプラチナムという脱毛サロンは、皮膚への負担を軽くするように一生懸命努力しているわけですね。

 

脱毛前の自宅体毛処理における注意点

脱毛前の自宅体毛処理というのは、べつにミュゼプラチナムにかぎった話ではなく、すべての脱毛サロンで脱毛施術を受ける前にやらなければならないことなのですが。

 

やっぱり、自宅体毛処理は、肌に異常があるときは取りやめにしたいところですよね。

 

もちろん、翌日にミュゼプラチナムでの脱毛施術の予約が入っているのは重々承知の上ですが、やはりミュゼプラチナムでの脱毛施術の予約をキャンセルしてでも、異常のある肌にカミソリの刃を立てたりするのはやめておくべきだと思いますね。

 

肌に腫れ、カブレ、デキモノがある時なんか、明らかに肌が弱くなっている証ですからね‥‥。

 

そんなときに自宅体毛処理でもしようものなら、カミソリ負け必至は疑いのないところ。

 

やっぱり、ミュゼプラチナムでの脱毛施術同様に、自宅体毛処理だって肌の状態が良好な時にやりたいところです。まあ、健康上の問題なので、当たり前と言えば当たり前ですが‥‥。

 

あと、肌が日焼けしてヒリヒリとほてっている時などは、自宅体毛処理、ミュゼプラチナムでの脱毛施術ともに中止するのが賢明でしょう。ミュゼプラチナムにはすばやく予約キャンセルの電話を入れるべきです!

 

だいたい、ヒリヒリするっていうぐらいで、日焼けなんて軽いヤケドですからね。そんなヤケドした肌にカミソリを立てるだなんてナンセンスですよ。肌に悪いに決まっています。

 

だから、日焼けしたほてりが沈静化したあたりで、自宅体毛処理、ミュゼプラチナムでの脱毛施術を実践することにしましょうよ。

 

また、敏感肌、アトピー性皮膚炎の方々も、自宅体毛処理や脱毛サロンでの脱毛施術の際は十分すぎるぐらい慎重にことを運ぶべきですね。だいたい、敏感になっている肌や、アトピー症状が出ている肌にカミソリを立てるだなんて、考えただけでも痛そうですよ(; ̄д ̄)

 

あと、糖尿の診断を受けている人や生理中、妊娠中の方々も、意外に肌の抵抗力が落ちる傾向があるそうなので、自宅体毛処理やミュゼプラチナムでの脱毛施術を控えた方がいいでしょうね。